エッセンシャルオイルの使用方法

人の香りに対する反応は 様々です。コーヒーを飲まない人でもコーヒーの香りをいいにおいだと感じたり、リフレッシュしたりすることがあると思います。甘いお菓子の匂いをかぐとな んとなく心が優しくなったりすることはありませんか。それは、匂いは人の本能の働きを直接刺激する作用があるので好きな香りをかぐと、やる気や元気がでた り心が癒されると感じたりするからだそうです。

 

快適な毎日を送るために エッセンシャルオイルを日常の生活に取り入れて、利用してみてはいかがでしょうか。

 

エッセンシャルオイルを 使用するときには、いろいろ約束事がありますが、使用濃度、使用箇所、対象者に注意していれば難しいことではありません。まずは、自分の好きな香りをみつ けて仕事や勉強の合間、一日の息継ぎ、お休み前にためしてみてください。

 

 

エッセンシャルオイルの 使い方

 

〈芳香浴〉       手 軽に簡単にエッセンシャルオイルの香りを吸引できる方法です。

 

・ハンカチ・コットン・ ティッシュ

直接エッセンシャルオイ ルを1~2滴ほどたらします。机の上や枕元に置いたり、直接鼻に近づけたりして香りを吸引します。オフィスや公共の場所 やお出かけ先でも手軽に楽しめることができます。香りが広範囲に届かないので、周囲の人たちにもあまり迷惑をかけずに用いることができます。

 

・マグカップ

  マグカップにお湯 (70~80度くらい)をいれ、その中に1~2滴のエッセンシャルオイルをたらします。お湯の熱でエッセンシャルオイルが揮発され、香りが高まります。鼻 を近づけて香りをかぎます。鼻づまりや喉の痛みにも効果があります。

使用したエッセンシャル オイルによっては、目の粘膜に刺激をもたらすこともあるので眼は閉じてください。お湯がさめてくると揮発力が弱まります。その時はエッセンシャルオイルを 足すのではなく、熱いお湯をたしてください。

咳の激しいときには蒸気 吸引はしないようにしてください。(咳がひどくなります。)

   

・ 芳香器

   器具には、キャン ドル式、アロマライト、ディフューザーなどがあります。リビィングルームなど広い範囲に香りを行き届かせるのに適した方法です。キャンドル式では火の扱い にくれぐれもご注意ください。また、香りが広範囲にひろがるので一緒にいる人への配慮も必要かと思います。赤ちゃんやお年寄り、敏感症の方たちが一緒にい る場合は、用いるエッセンシャルオイルの種類や量を考慮しましょう。

 

〈沐浴〉     お風 呂にエッセンシャルオイルをいれて入浴する方法で、最も効果のあるアロマセラピーです。鼻から吸入だけでなく、微量でも肌からも吸収され、より一層の効果 が得られます。1種類エッセンシャルオイルだけでなく数種類のエッセンシャルオイルをブレンドしてより複雑化された香りが楽し め、s相乗効果も期待できます。沐浴後は、エッセンシャルオイルの効果を逃がさないために洗い流さずにやさしくタオルでふいてください。

 

              現 代の私達の生活は忙しく、人間関係などからもストレスも溜りがちです。ここアメリカでは気軽に温泉には行けないし、スパもめったにいけない。だからこそ家 庭で簡単、手ごろにできるアロマバスでくつろいでください。週末の朝一番には、オレンジジュースと雑誌を持ってゆっくりとつかって自分の時間をすごしてく ださい。夜はキャンドルを灯して炎のゆらめきに心を開放してください。

入浴効果とエッセンシャ ルオイル効果で、心も体もゆったりと癒されることでしょう。至福の一時をお楽しみください。

 

      

≪沐浴の注意≫

      小さな子どもたちはとて もデリケートです。3歳未満の乳幼児にはエッセンシャルオイルは使用できません。また、3歳以上でも体が小さいの で大人と同じ量は使用できないのでご注意ください。1滴から様子を見ながら行 なってください。

目安は3~5歳 1滴、5~7歳 2滴、8~11歳 3滴、12歳以上は大人と同量でも 大丈夫ですが体重が少ないようなら量を加減してください。

 

・妊娠中、生理中の方

エッセンシャルオイルに よっては妊娠中、生理中に使用できないものがあります。

また、人によっては皮膚 に刺激を受けるものもあります。使用の際は、ご注意ください。

 

・アメリカのバスタブは 湯冷めが早いし、肩までつかれません。

体が冷えないように途中 でお湯を足しながら快適な温度を維持してください。時間が経つと

エッセンシャルオイルの 香りがなくなってきます。その時は、お湯を足したときに1滴だけ足

すようにしてください。 ラベンダーのように穏やかなエッセンシャルオイルでも合計10滴まで

にしてください。

 

・全身浴や半身浴をする ときは、病気で体力が落ちているときは様子をみましょう。

 

・エッセンシャルオイル は熱、湿気にたいへんデリケートです。シャワールームの湯気や湿気で

質が損なわれてしまいま す。キャップはしっかりと締めて冷暗所に保管してください。

 

・エッセンシャルオイル は水(お湯)には溶けないので、溶基材を用いると効果がアップします。

キャリアオイル(ホホバ オイルがお勧めです) 5ml程度

はちみつ                                         10ml程度

ウォッカ、エタノール (アルコール)                  5ml程度

ミルク                                                          30ml程度

粗塩                                                           Tス プーン1~2

グリセリン                                        Tス プーン1

 

 

全身浴   

お湯をはったバスタブ に、エッセンシャルオイルを3~5滴たらしてよくかきまぜ入浴します。

  

リラックスしたいときは ゆるめの温度で長い時間ゆったりと香りを楽しみながら鼻の奥に入ってい

くのを意識しながら呼吸 をします。寝つきが悪い方や冷え性の方、筋肉痛、肩こりの症状に、また

心配なことがあって気持 ちが安定せず落ち込んでいるときなどにお勧めです。

 

反対にしゃきっとリフ レッシュしたいときは熱めのお湯で短時間の入浴が効果的です。朝の目覚

めをすっきりとしたい、 勉強や仕事で眠気を覚ましたいときなどによいでしょう。

 

半身浴

  全身浴と同じです が、みぞおちのところまでお湯につけます。心臓への負担が少ないので長時

間の入浴に適していま す。上半身がさめやすいので、タオルをかけたりして暖めてください。

使用するエッセンシャル オイルの量は、3滴までです。

 

フットバス(足浴)

  日本の温泉地にいく と足だけ温泉につけられるようになっている施設があるそうです。家庭でも気軽にフットバスを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

  ちょっと大き目の洗 面器またはバスタブにちょっと熱めのお湯(ヤケドしないよう注意ください)をいれてエッセンシャルオイルを1~3滴落とし、よくかき混ぜます。椅子にすわ り足だけをいれます。足が暖まり、全身の血行がよくなります。全身浴とちがい体への負担が少ないのでお年寄りや抵抗力が落ちている時、病気の時など手軽に できるできます。

 

 ハンドバス(手浴)

  手のひらからくるぶ しまでをお湯につける方法です。オフィスや外出先でも手軽に行なうことができます。

  洗面器もしくは洗面 台(シンク)にお湯をいれてエッセンシャルオイルを1~3滴たらしよくかき混ぜてから手をいれます。

冷房で体が冷えたとき、 肩こり、コンピューターによる目のつかれ、ストレスを感じるとき、勉強や仕事で集中力をつけたいとき、緊張をほぐしたいとき、ちょっとしたリフレッシュを したいときなど簡単に行なえます。手に温かみを感じながら深呼吸して香りを吸引してください。

フットバス同様、全身の 血行をよくし体への負担が少ないので病気の時でも行なうことができます。

エッセンシャルオイルの 使用量は一度のハンドバスで3滴までです。エッセンシャルオイルによっては目の粘膜が刺激をうけることもあるので、目は閉じてください。

咳が激しいときは、蒸気 を吸入すると症状を悪化させることがあるので蒸気吸入はお勧めできません。

 

 

マッサージ・トリートメ ント

キャリアオイルでエッセ ンシャルオイルを希釈してマッサージを行なう方法です。顔、全身、爪などに行なうことができます。エッセンシャルオイルによっては粒子がこまかく皮膚を浸 透し血液中に運び込まれるものもあります。香りを楽しみながらリラックス効果も倍増です。恋人同士でお互いにマッサージしあうと愛も深まりますよ。

 

マッサージをするときは エッセンシャルオイルの希釈濃度に気をつけてください。敏感肌の人は、まずはパッチテストすることをお勧めいたします。

フェイスマッサージの場 合は、1%かそれ以下、ボディマッサージの場合は1%以下から最高でも2%までの濃度に希釈してく ださい。

ドロップ式のエッセン シャルオイルは1滴が0.05mlなので、10mlのキャリアオイルに1%濃度で希釈するときは2滴まで入れられます。全 身マッサージの場合は、キャリアオイル50mlが大体の目安だそうで す。キャリアオイル50mlに対してエッセンシャルオイルは最大10滴まで入れられます。

 

エッセンシャルオイルに よっては皮膚に刺激をもたらすものがあります。妊娠中の方、生理中の方は使用でいないエッセンシャルオイルがあるので使用前によく確認をしてさい。

 

湿布

  お湯(または水)に エッセンシャルオイルを落としその中にタオルをひたし固く絞ったものを患部に湿布する方法です。肩こりや慢性の腰痛などには温湿布がお勧めです。立ち通し で疲れた足や捻挫、筋肉痛などの場合は冷湿布をお試しください。日焼け後のヒリヒリが残る肌にはラベンダーの冷湿布がお勧めです。

 

スプレー

 ルビングアルコール 5mlに対しにエッセンシャルオイル10~20滴を溶かし水50mlで 薄めて

使用します。お部屋の消 臭や虫除けに利用できます。色のついているエッセンシャルオイルはシ

ミになるのでお勧めでき ません。

 

 

こんな時のお勧めEO

心地よい眠りに

つきたい
(マッサージ、芳香浴、沐浴)

気持ちをリフレッシュ

 

(芳 香浴、スプレー)

のんびりした気持ちになりたい

(マッ サージ、芳香浴、沐浴)

勉強・仕事に集中

やる気を助ける

(芳 香浴、スプレー)

クラリセージ

スィートオレンジ

スィートマージョラム

フランキンセンス

プチグレン

ラベンダー

グレープフルーツ

ジュニパーベリー

ティーツリー

パイン

レモン

ローズマリー

イランイラン

カモミール・ローマン

シダーウッド

ゼラニウム

ベルガモット

ラベンダー

ジュニパーベリー

バジル

ペパーミント

ユーカリ

レモングラス

ローズマリー

森林浴気分を

味わいたい

(マッ サージ、芳香浴、沐浴)

ロマンチックな

雰囲気作りに

(マッ サージ、芳香浴、沐浴)

食欲がないとき

 

(マッ サージ、芳香浴、沐浴)

元気がでてこない

 

(マッ サージ、芳香浴、沐浴)

ひのき

ひば

サイプレス

シダーウッド

ジュニパーベリー

パイン

イランイラン

クラリセージ

ジャスミン

ゼラニウム

パチュリー

ローズ

グレープフルーツ

バジル

パロマローザ

ペパーミント

レモン

レモングラス

スィートオレンジ

ペパーミント

レモン

レモングラス

ローズマリー

 

女性のために

更年期、PMS

(マッ サージ、芳香浴、沐浴)

除虫のために

(ス プレー、コットンに含ませクロゼットの隅に)

洗濯・掃除で

 

(洗剤に数的まぜて、スプレー

洗 濯のすすぎで数滴まぜて)

部屋の空気の

浄化・消臭

(芳 香浴、スプレー)

イランイラン

 

サイプレス

シダー

ゼラニウム

ティーツリー

ユーカリ

グレープフルーツ

ティーツリー

ラベンダー

レモングラス

ペパーミント

ジュニパーベリー

ゼラニウム

パイン

ユーカリ

ラベンダー