安全に使うための注意事項

  エッセンシャルオイルをより安全に使用していただくために 

(そざいおうこくアイコン シンプル2(上の分) 花(下の分) http://sozaioukoku.fc2web.com/kb/frame.html

 

エッセンシャルオイル(E.O.)は植物の有効成分が高濃度に含有した物質なので、希釈しないで原液そのままを使用することはできません。赤 ちゃんや小さな子ども、妊娠中や生理中の方、かんてんや高血圧などの持病のある方には、希釈しても使用できないE.O.があるので注意してください。

                       

            矢印アイコン素材 必ず希釈して使ってください  (← ここをクリックすると下の項目にジャンプするようになるとうれしい

                矢印アイコン素材 粘膜には直接ぬらないで

                矢印アイコン素材 内服しないで 

                矢印アイコン素材 乳児、幼児への使用は気をつけて

                矢印アイコン素材 保存・保存期間に気をつけて

                矢印アイコン素材 光毒作用・光感作用のあるEOがあります

                矢印アイコン素材 過信しないで

                矢印アイコン素材 体長に合わせて使用してください

                矢印アイコン素材 ペットへのご使用はペット用専門書でご確認ください

            矢印アイコン素材 注意が必要なエッセンシャルオイル一覧

           

 必ず希釈して使ってください 

            肌につけるときはキャリアオイル(オリーブオイルなど)で1%(もしくは、それ以下)の濃度

に薄めます。敏感肌の方は、使用する前にパッチテストをすることをお勧めします。

ラベンダーのE.O.は直接肌に使用できる、と書いてある文献、サイトなどありますが、ま

ずは、希釈したものでパッチテストをお勧めいたします。

 

 粘膜には直接ぬらないで 

            どんなに希釈したエッセンシャルオイルでも直接、粘膜に使用することはお勧めできませ

ん。

 

 内服しないで 

         希釈しても、しなくても、内服はできません。

 

 乳児、幼児への使用は気をつけて

         小さな子どもはとてもデリケートです。特に3歳未満の乳幼児にはエッセンシャルオイルを

含んだオイルマッサージは行なえません。植物オイルだけでのマッサージや香りのやさし

E.O.を選んで芳香浴することをお勧めいたします。

3歳以上の幼児には、体の大きさ、体重を考慮し大人の半量からそれ以下のE.O.を使用

するようにしましょう。

           

  保存・保存期間に気をつけて

            温度、湿気、光にとても敏感です。キャップはしっかり締めて、湿気のすくない冷暗所に保

管してください。(バスルームはNGです。)

保存期間については、ボトルをオープンしてから柑橘系が6ヶ月、その他のE.O.は約1年ほどです。できるだけ使用期間内に使い切るようにしてください。保存期間が過ぎてしまった場合でも、芳香浴 として使うことはできますが、できるだけ早い期間に使用するようにしてください。

 

 光毒作用・光感作用のあるEOがあります

柑橘系(ベルガモット、レモン、グレープフルーツ、ライムなど)やその他のE.O.にも太陽

の光にあたるとシミ・ソバカスのもとになるメラミンの働きを活性化させる作用があります。

肌につけてから12時間ほどは、日に当たらないようにご注意ください。

石鹸に香料として使用している場合は、洗い流すので問題はないと思われますが、心配な方は、夜間にご使用され ることをお勧めいたします。

  

 過信しないで

            エッセンシャルオイルはやさしく有効的に人体に働きかけてくれますが、薬でも化粧品でも

ありません。体の調子が悪いときは、E.O.だけで治そうとするのではなく、必要であればド

クターの受診も考えて、健康維持を心がけてください。

 

 体長に合わせて使用してください

            女性の体はホルモンの周期で毎日変化しています。昨日までは気持ちよく感じていた香り

なのに、突然受けつけなくなることもあります。

病気のときや体調がわるいときは、使用をやめたり、他の精油に換えたりしてください。

 ペットへのご使用はペット用専門書でご確認ください

アロマサンシャインで紹 介している精油は人が使用することを前提にご紹介させていただいています。特に犬や猫は人間よりも嗅覚がすぐれ、皮膚のHPバランスが違います。ペットに 使用するときは、どの精油ならつかえるのか、どの精油は使ってはいけないかを必ずお調べになってください。

 

 注意が必要なエッセンシャルオイル一覧

            体調、体質、状況によって使用できないエッセンシャルオイルがあります

妊娠中には使用できないオイル

クラリセージ、ジャスミン、ジュニパーベリー、スィートマー ジョラム、ナツメグ、バジル、、ペパーミントローズマリー

妊娠初期~中期には使用できないオイル

ラベンダ(妊娠初期3ヶ月までは使用できませんが、それ以降、体調・様子をみながら注意して外用するのには問題がない といわれています。)、サイプレスゼラニウムパルマローザ、パチュリー、プチグレン、 ローズ

生理中は使用できないオイル

クラリセージスィートマージョラム

光毒性のあるオイル

使用後12時間は紫外線を避けましょう。

ただし、バス用品、石鹸など皮膚から洗い流されるものは心配はありません。

グレープフルーツベルガモット、マンダリン、レモンラ イム

高血圧

ローズマリー

癲癇

ペパーミントローズマリー

敏感肌には注意が必要なオイル

イランイラン、ジャスミン、ティーツリーパインバ ジルペパーミント、ベンゾイン、レモングラス

使用濃度に気をつける必要があるオイル

イランイランクラリセージ、ジャスミン

子供には使用できないオイル

バジル、ペパーミントレモングラスロー ズマリー

 

注意点・・・上記に書かれていることは、インターネットや下記の文献で一般的に言われている注意事項      です。これらの事柄が全ての人に同じようにあたるとはいえません。病気治療中のかた、妊娠 中のかた、体調不良のかたは、必ずドクターとご相談されてから使用されるこをと強くお勧め  いたします。

参考文献: 

            アロマセラピー検定テキスト 1級、2級 社団法人日本アロマ環境協会

            アロマテラピー・バイブル               成美堂出版

            精油の安全性ガイド 上、下巻       フレグランスジャーナル社

            ハーブ・アロマ・インセンス活用事典            東京堂出版