ビーズワックスの利点

ビーズワックスキャンドルの利点  

アレルギーの原因になる有害物質をだしません

一般に出回っているキャンドルはパラフィン(石油の成分)で作られています。パラフィンキャンドルを燃やすとディーゼルオイルをもやしているのと同じで、さまざま有害物質がでています。こういった物質が、アレルギーや喘息のもとになります。
ビーズワックスキャンドルは自然のもので、燃やしても有毒物質はだしません。人にも地球環境にもやさしいキャンドルです。
すすや煙があまり出ません。ビーズワックスキャンドルはすすや煙がでにくいのでお部屋をよごしたり煙のいやなにおいなどはありません。
火を消すときに息を吹きかけると芯から煙がたってしまうので、燃えにくい長い棒で溶けているワックスの中に芯を沈めて火をけしてください。そうすると煙もあまり立ちません。火が消えた後は、芯をたてておくと次にまた使いやすくなります。

マイナスイオンを発します

ビーズワックスキャンドルに火をともしているとマイナスイオンを発しているといわれています。
マイナスイオンは、滝のそばや森林などに多く存在していると言われています。マイナスイオンが多いと、空気を循環したり、新陳代謝の促進や疲労回復を助けたり人の健康を維持するための良い影響をあたえてくれます。

甘い香りがします

不純物だけを取り除いたビーズワックスキャンドルは、はちみつに似た甘い香りがします。
キャンドルの色や香りは、みつばちたちが蜜をあつめる花の種類によって異なります。
ちなみに、ビーズワックスは食品ではありませんが、人が食してもまったく害のないワックスです。そのほかのワックスは、人は消化酵素をもたないために食することはできません。

燃焼時間が長く、長持ちし経済的です

ビーズワックスは燃焼時間がながいので長持ちします。一般的なパラフィン(石油が原料)のキャンドルとくらべると火は明るくクリアーな炎で長く燃え続けます。
ビーズワックスキャンドルの値段は、すこし高いように感じますが、長く燃えてくれるぶんパラフィンキャンドルと比べると、とても経済的といえます。

消臭効果が期待できます

部屋の広さや、生活環境で一概にはいえませんがビーズワックスキャンドルを焚くことで空気の循環をうながし、お部屋の消臭に役立ってくれます。

リラックス効果があります

キャンドルの炎は、「1/fのゆらぎ」といわれ、リラックス作用があるといわれています。 「1/fのゆらぎ」とは、自然界におこるゆらぎで普遍的な変動をする現象だそうです。波の音、そよ風、星のまたたき、ろうそくの炎、木漏れ日、太陽光など、身近な生活のなかに見つけることができます。 この「1/fのゆらぎ」は、自律神経をととのえ、イライラをしずめ、安眠を導いてくれるなどの効果があるそうです。波の音や緑の多い場所を散歩したりするとホッとしたりゆったりとした気持ちになったりするのは、こういった「1/fのゆらぎ」の効果だったんですね。 特に不眠症でお悩みの方は、夜は電気の明かりからビーズワックスキャンドルに変えてみてはいかがでしょうか。あたたかい光りと「1/fのゆらぎ」で心身ともにリラックスできるようになると思いますよ。

アメリカ国産のビーズワックスからつくられています

キャンドルが作られるビーズワックスは、アメリカ西北部で養蜂を営む農家から直接ベンダーに卸されています。 そこに運び込まれたビーズワックスは、フィルターにかけられるなど、すべて人の手によってキャンドル作りが行われています。 安心できる素材を用い、安心できる人の手によって作られたキャンドルです。