手作りのこだわり


手作りせっけんのこだわり

“ナチュラル”にこだわり、動物性オイルは一切使わず、植物性オイルと天然の素材でできた石鹸です。
本来、石鹸は、オイルと苛性ソーダー(アルカリ)と水の3つの材料で作られます。一般に大量生産・販売されている固形石鹸は、オイルから分解してぬきだした脂肪酸だけで作られています。そして、その製造過程で、香りが長く持続するように合成調合された香料や保湿材を配合したものです。オイルがもっている栄養分は残っていません。
また、液体ソープやシャンプーなどは、ほとんどが石油系の合成界面活性剤などで合成されている “洗剤”であり、残念ながら本来の“石鹸”ではないのです。
手作りで作られた石鹸は、なにも抜き取らない、不必要なものは入れない、だから安心して使うことができるのです。

グリセリンが残ります

オイルは3つの脂肪分子と1つのグリセリンからなっているそうです。手作り石鹸は、オイルにアルカリを投入し、グルグルと休まずに混ぜ込みながら、脂肪酸とアルカリを結合させ石鹸化を進めていきます。その時、オイルの成分であるグリセリンはそのまま石鹸の中に残ります。
一方、大量生産されている石鹸は脂肪酸で作られているので、グリセリンは含まれていません。そして残ったグリセリンは保湿剤として別に販売されています。
手作り石鹸をタオルで泡立てているとぽってりとした糸をひくような独特な泡がでてきます。それがグリセリンなのかな?と思っています。汚れをおとしながらグリセリンの効果で保湿され、やさしく洗いあげるのが手作り石鹸の特徴です。

コールドプロセス方で作ります

この方法では、オイルを38~42度までくらいの温度にしか上げまぜん。そのためオイルに含まれる有効成分を壊さず、酸化しにくい安定した石鹸ができます。
*注)石鹸の酸化が進む速さは使用しているオイルで異なってきます。通常オリーブオイルをベースにしているものは1年以内で使用されることをお勧めいたします。

石鹸にならないオイルを残します

石鹸に余分なオイルが残ることによって保湿を感じる石鹸にしあがります。使用しているオイルや配合する添加物によって、石鹸内に残るオイルの量を調整しています。だから、多様性のある石鹸を作ることができます。

ディスカウントとは

オイルがアルカリと反応して石鹸になることを鹸化といいます。そして鹸化させないオイルを石鹸内に残すことをディスカウントといいます。例えば、ディスカウント10%とは、石鹸になったオイルが90%で、オイルとして残るのが10%になります。ディスカウント率が高いほど残留オイルが多いのでより保湿を感じる石鹸に仕上がります。反対に、ディスカウント率が低い石鹸は洗いあげがさっぱりとした感じの石鹸になります。ディスカウント率を参考にして石鹸をお選びください。
また、石鹸を固める最終工程で、いろいろな添加物をいれることをオプションといいます。オプションでオイルを加えることりにより、オイルのもっている保湿力をより感じる石鹸となるようです。オプションでオイルが添加されているかも目安にしてください。

全てが天然の成分です

石鹸を作るためのオイルは植物油のみを使用しています。それぞれのオイルの特徴をいかしながら泡立ちが良く、ある程度のかたさも保てるように配合を考えながら作っています。
また、香りつけにはエッセンシャルオイルを使用し、合成されたフレグランスオイルは使っていません。ミルク系添加物(ゴートミルク・ヨーグルト・ココナツミルク)はパウダーに加工されていますが、フードグレードのものを用いています。その他の添加物はナチュラルで、合成されていないもの、保存料が含まれていないものを厳選しています。

水にもこだわります

石鹸作りに使う水は、ろ過した水に備長炭もしくは竹炭を入れ、一晩寝かした水を使っています。炭が水の雑味を取る役目をし、炭にふくまれるミネラル分が抽出され、浄化された清水になります。
また、炭には酸化を防いだり、マイナスイオン効果もあるそうです。そのまま飲んでも美味しい水を使っています。

天然材料だけをつかっていても肌にあわない場合もあります。特に食物アレルギーがあるかた は、材料にアレルギーの元になるものを含んでいないかをご確認ください。また、発疹やかゆみなど異常が見られた場合はすぐに使用を中止してください。まれに、ココナツオイル、オリーブオイルで刺激を感じる方がいらっしゃるそうです。敏感肌の方には使用前にパッチテストをすることをお勧めいたします。

使用しているエッセンシャルオイルによっては香りが強すぎたり、刺激があったりして妊娠中の方には適さないものがありますのでご注意ください。赤ちゃんや小さな子ども、また香りが気になる方にはエッセンシャルオイルが含まれていない石鹸をお勧めいたします。
添加物ではちみつを使っている石鹸は、1歳未満の赤ちゃんには使用できませんのでお気をつけください。

手作り石鹸にはグリセリンが含まれています。保湿を促す効果から水分をひきつける作用があるので、シャワールームでは水がかからない、水溜りのできないところに保管してください。

使用しているオイルには防腐剤がはいっていませんので、直射日光のあたらない低温低湿のところで保管ください。

手作り石鹸は、薬用でも化粧品でもありませんのであらかじめご了承ください。

石鹸に含まれるエッセンシャルオイルの成分がペット(犬、猫、その他)にあわないことがありますので、ペットへのご使用は個人の責任を持ってご使用ください。

石鹸は全ての段階を人の手で作られています。切り分ける作業で形が不揃いになるとがありますのでご了承ください。

石鹸の重さは切り分けの時で、Wholeサイズで110~120グラム、Halfサイズで55~60グラム、Sampleで25~30グラムほどになっています。乾燥がすすむと水分がぬけ軽くなります。

戻る