使用オイルについて


スイートアーモンド

オレイン酸、リノール酸を多く含むオイルです。また、ビタミンA、B群、Eもたくさん含んでいます。肌への刺激が少なく浸透性が良いことから、ボディーマッサージに使用されています。また、皮膚軟化作用もあるそうです。
石鹸素材に加えるとクリーミーな泡をたたせます。
アプリコットカーネル アプリコットの仁から採れるオイルです。スイートアーモンドとよく似た作用をするオイルで、オレイン酸を多く含み、ビタミンA,B,Eを含んでいます。このオイルは、かゆみの緩和作用があるようで、敏感肌、乾燥肌、老齢肌のトリートメントに適しています。
石鹸に用いると、細かな泡立ちのやさしい石鹸にしあがります。

アボカド

アボカドの果肉を搾って採れるオイルです。ビタミン(A, B, D, E)を多く含む栄養価がとても高いオイルです。乾燥肌、老齢肌のマッサージ・トリートメントに効果的なオイルです。
未精製のものは、葉緑素を含むので緑かかった色をしています。
マイルドでありながら洗浄力、保湿、泡立ちのとてもよい石鹸になります。
オプションで用いると石鹸にならないオイルが残り、より保湿力を感じる石鹸になるようです。

オリーブ(ピュア)

オリーブの果肉からとれるオイルです。たくさんのオレイン酸やスクワランを含んでいます。石鹸でもっともおおく使用されるオイルです。肌にやわらかく優しい石鹸にしあがります。オリーブオイル100%で作る石鹸はやさしい反面、溶けやすく泡立ちもゆるいので、アロマサンシャインでは、解け崩れを防ぐためパームオイルやココナッツオイルと配合しています。
まれにオリーブオイルが肌に合わない人がいるようなのでご注意ください。赤い発疹やかゆみを感じたときは使用しないようにしてください。

グレープシード

ぶどうの種から採れるオイルです。ワインを造酒するとき取り除かれた種を再利用したのが始まりだそうです。
肌になじみのよいさらっとしたオイルで、どのタイプの肌にもあいますが特にオイリー肌に適しているようです。リノール酸をおおく含みます。
石鹸にするとさっぱり感のあるすっきりとした石鹸に仕上がります。夏向けの石鹸です。

ココナツ

ココヤシの果肉から採れるオイルです。オイルを直接肌につけると光沢のある皮膜をつくり乾燥から守ります。日焼けを促進する作用があるけれど紫外線をカットするのでサンオイルに使われます。また、未精製のオイルを頭皮に使用するとフケ、抜け毛をおさえるといわれています。
このオイルは泡立ちのよい硬い石鹸を作るのに欠かすことのできない材料ですが、皮脂を取りすぎたり、肌に刺激を感じる方がいらっしゃったりするようです。
バージンココナツオイルを使用したシリーズでは、配合を熟考し、またオプションによりバラエティー豊かなシリーズができあがりました。

米・米ぬか

米の胚芽からとれるオイルで、抗酸化作用のあるビタミンE、ミネラル、プロテインを含みます。マイルドなオイルで肌をスムースにする働きがあるそうです。このオイルを使った石鹸は、しっとりとしているのに洗いあがった肌はさっぱりしている不思議な使用感があります。洗髪にも向いています。アボカドと米油を配合した石鹸が製造者のお気に入りです。
米ぬかアレルギーの方はご使用できないのでご注意ください。
つばき 椿の種子から圧搾されてとれるオイルです。このオイルは、オリーブオイルと同じようにオルレイン酸を多く含みべとつき感がないうえ、肌への浸透性が高いオイルです。紫外線(UV-B)を防ぐ働きもあるそうです。
日本では昔から食用、灯用、化粧用、薬用として親しまれてきたなじみの深いオイルです。
アロマサンシャインで使用している椿油は、日本で椿の栽培から行なっている信用できる製油所で購入したオイルを使用しています。

パーム

アブラヤシの果肉を搾ったオイルです。精製された白い固形状のオイルです。石鹸に硬さをだすのに必要なオイルです。

パーム・レッド(パームフルーツ)

アブラヤシからとれる未精製のオイルです。カロチンを含んでいるので独特の赤みがかったオレンジ色をしており栄養価も豊富です。日焼けた肌、傷に効果があるオイルだそうです。

パームカーネル

アブラヤシの核からとれるオイルです。
石鹸を硬く、泡立ちよくさせるココナツオイルと似た働きをします。
ココナツオイルと比べ低刺激です。

ひまし(キャスター)

唐胡麻を搾ってできるオイルです。日本でも昔から医療(便秘)に用いられてきました。水分を引き寄せるオイルなので保湿力が優れています。
泡立ち豊かな石鹸になります。

ヘーゼルナッツ

ヘーゼルナッツからとれるオイルです。とても軽い使用感で、人の皮脂に含まれる成分がはいっていることもあり、すぐに肌に浸透していきます。
保湿力のあるやさしい泡立ちの石鹸にしあがります。

ホホバ

潅木の種子からとれる液体ワックスです。皮膚呼吸を妨げずに皮膜をつくります。刺激がすくなくどのタイプの肌にあうことからホディケア用品の基材によくつかわれます。酸化しにくく熱にも安定したオイルです。
入浴剤の代わりに5mlのホホバオイルと3~5滴のお好みの精油を浴槽にいれるとオイルがお湯の表面を多い温度を下がりにくくし、肌への潤い効果にも一役かってくれます。
アロマサンシャン石鹸ではオイルの効果をできるだけ残せるようオプションとして多用しています。

シアバター(未精製)

アフリカに生息しているシアの木になる実からとれる油脂です。常温では固形ですが人肌で溶け出します。古くアフリカではこの木から実を取り、油脂を作るのは女性の役目とされてきました。シアバターを肌にすりこむことにより強い日差しからの乾燥、日焼けを防止するのとともに薬用としても用いられてきました。コラーゲンの促進を助長し、シワ防止、アカギレ、やけど、傷の手当てに有効で、血行を促進することから筋肉痛にも効くといわれているようです。また、マサージすることで妊娠線の予防にも役立つようです。幅広い化粧品の基材に使用されています。肌に有効な未鹸化物質を含み、石鹸の硬さを保ちつつ皮膜保護の効果を期待するのに使用したい材料です。

ココアバター

おなじみカカオの豆からとれる油脂です。未精製のものはほんのりとチョコレートの香りがします。シアバター同様、保湿力にすぐれ皮膚カバーを作ってくれます。チョコレートアレルギーのある方はご使用できません。
マンゴバター マンゴの種からとれる固形状の油脂です。シアバター、ココアバターと同様に石鹸に固さをだし、保湿効果を持たせることができるよう使用します。

クランベリーシード

高い保湿力で肌の奥深くまで浸透するオイルです。トコフェロールを多く含む抗酸化作用の高い特別はオイルです。特殊なバランスでオメガ3、6、9を含んでいて、この配合は他のオイルでは見られないことのようです。湿疹などによる肌のかゆみを改善する作用もあるそうです。

ストロベリーシード

たいへん贅沢なオイルです。大量のトコフェロールを含むので抗酸化作用が高く、肌の老化防止に有効だそうです。また、安定性があり長期保存が可能です。

パパイヤシード

パパイヤの種から取れる貴重なオイルです。

ブラックベリーシード

特徴的な栄養素が含まれた高価なオイルです。安定性のあるビタミンCを多く含んでいます。ビタミンCは、毛穴を整え外傷を治す働きをするそうです。高い抗酸化作用のあるオイルでもあります。

ブルーベリーシード

トコフェロールを含み高い抗酸化作用のあるたいへん贅沢なオイルです。栄養価の高いオイルなので肌への浸透性やなじみのよいスキンケアに適しているようです。

ブラックラズベリーシード

85%のエッセンシャル脂肪酸からなる特別なオイルです。細胞を構成する主要成分であるオメガ3をたくさん含んでいます。肌へのなじみが非常によく、抗酸化作用に優れています。フェイス、ボディ、ヘアにとあらゆるトリートメントとして利用できます。

レッドラズベリーシード

アルファートコフェーロール、ガンマトコフェロール、ビタミンA、オメガ3、オメガ6を含む非常に栄養価の豊富なオイルです。

戻る